wakami外伝

山村若三のブログ。メモ代わりに気が向いたときに思いついたことを記録します。

帰路につく

毎年夏には車で温泉旅行に行くのが我が家の習慣で、しかも人混みを避けるように
できるだけひなびた場所を選んで泊まり歩いてきた。

風呂に入ってゴロゴロするのが目的で観光には全く関心がないから周辺の下調べなど
何もしていない。

午前10時前にかやの家をチェックアウトすると、取り合えず国道まで出た。
少し進むと道の駅の看板を見つけて「道の駅あらかわ」の駐車場に入った。

かなり小規模の施設だが他に寄る予定もないので、ミニトマト、オクラ、ミョウガ、
それと地酒(白ワインと日本酒)を買った。

このまま帰ると随分早く帰宅しそうなので途中で車を止めてネットで周辺の観光地を
検索、少し遠いがせっかくなので三峯神社に行くことにした。

途中かなり険しい山道をひたすら上ると広々とした駐車場が見えてきた。
有料駐車場に車を止め、少し歩くと鳥居があった。



ここから随分歩いて左に下りたところにかなり迫力のある立派な門がある。 



ここからさらに歩いてようやく拝殿にたどり着いた。
写真に撮れなかったのが本当に惜しいが、その佇まいは色鮮やかな彫刻が随所に
施された日光東照宮を思わせるすばらしいものだった。


神様が「気」を授けてくれるそうで、観光客の多くはご神木?にタッチするため
長い行列をつくって並んでいたが、雨が降ってきそうだったのでお参りだけして
そそくさと駐車場に戻った。

ここから帰路につくつもりが方向を間違えて柴原温泉まで戻ってしまい、そのまま
直進した先の「そば道場あらかわ亭」で天ぷらそばを食べた。
全く予定になかったが、ここのそばと天ぷらはとても美味しかった。

食べている途中から空は黒い雲に覆われ雨が降り出したが、ひどい雷雨には遭わずに
済んだ。帰宅してから見たニュースによると、もう2時間早く帰路についていたら
関越で土砂降りだったかもしれない。

目の前数十キロ先の東京西部上空の稲妻を見ながらドライブして17時過ぎ無事に
帰宅した。


コメント

プロフィール

HN:
wakami
性別:
男性
自己紹介:
自分のつたない舞を通じてひとりでも多くの人が上方舞のすばらしさを知ってくれたら、と日々妄想しています。

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリー

バーコード